(以下の日本語訳は参考訳です。オリジナルのサイト(英語)はこちらからご覧いただけます。)

よくある質問

iBillionaireとは?

iBillionaireは、ウォールストリートのビリオネア(大富豪)の投資戦略を活用して、米国有数のヘッジファンドマネジャーや機関投資家が行う投資判断を見る上での鍵となる視点を提供します。 ビリオネアの投資ポートフォリオ、戦略及び選んだ銘柄(株式?)へのアクセスを提供することにより、貴重な投資ツールを構築していきます。

iBillionaireはどのように始まり、どこへ向かっているのか?

2013年4月、iBillionaireは世界のトップ・ビリオネアの投資戦略をトラッキングする(追いかける)モバイルアプリとして誕生しました。 その後一年足らずで、iBillionaire社はこの情報を利用して、選び抜かれたビリオネア達がその資金の大半を投資している米国株式30銘柄の動きを見るためのiBillionaire 指数(IBLN)を導入しました。米国のETF運用会社ディレクション・インベストメンツは、この指数を基にディレクション・ビリオネア・インデックス ETF を組成することを認められています。またiBillionaire は、iBillionaire High Dividend Index (IBD)も組成しました。 iBillionaireはモバイル・ファイナンスの先駆者であり、投資家のデータ分析手法に変化をもたらすと同時に、戦略的な投資商品向けにグローバルなモバイル配信プラットフォームを提供しています。

ビリオネアはどのように選んでいるのか?

iBillionaireは金融市場及び投資を通じて、膨大な資産を築き上げてきたトップ・ビリオネアをトラッキングしています。彼らのポートフォリオを、純資産額、投資対象、売買の回転頻度、及び公開情報に基づく彼らのポジション等により分析し、個人投資家が模倣しやすいかどうかに基づいて選ばれています。

iBillionaireの情報源は?

iBillionaire は全ての情報を、米国証券取引委員会(SEC) の公的な記録(フォーム13F、フォーム4、スケジュール13D)から取得しています。 iBillionaireは、20人超のビリオネアが保有しかつ運用している数千億ドルにのぼる資産の分析を、四半期毎に行っています。 その大半が株式から成る、何千銘柄もの投資資産を、過去10年まで遡って分析します。 iBillionaire 指数は、具体的にはフォーム13Fで申告された情報をもとに組成されています。1934年米国証券取引所法第13項(f)は、機関投資家の保有証券の情報を、より公にすることを目的に制定されました。これにより、特定の機関投資家の運用マネジャーは、特定の証券の保有状況について、フォーム13Fを用いてSECに申告する義務が生じています。

タイムリーな情報なのか?

1億ドル超の資産を管理する機関投資家の運用マネジャーは、暦年四半期毎の末日から45日以内に、フォーム13FをSECに提出する必要があります。iBillionaire はこの情報を基に、ビリオネアのポートフォリオを作成し、iBillionaire 指数を設定します。 タイミングのずれはあるものの、iBillionaireは主に長期投資家をトラッキングしているという点にご留意いただきたいと考えています。iBillionaireはまた、直近の取引、すなわちビリオネアが取引後、より短期間のうちに報告する必要があるポジションの変化に関しても、ユーザーに対して注意喚起の通知を発しています。会社関係者に求められるフォーム4の届出は、所有者の変更から2日以内に行われなければならないものです。また、受益所有権についての報告であるスケジュール13Dは、10日以内に出すことが義務付けられています。

ヘッジファンドとは?

ヘッジファンドとは、投資家のリミテッド・パートナーシップ(有限責任組合)です。ヘッジファンドは、膨大な資産を持つ機関投資家もしくは個人等、主にプロの投資家向けに限定して提供されるオルタナティブ投資商品です。

iBillionaire指数とは?

iBillionaire指数は、選び抜かれたビリオネアたちが、その資産の大半を投資している米国株式30銘柄から構成されています。こちらで詳細をご確認ください。

均等加重とは?

均等加重とは、加重方式の一種で、ポートフォリオもしくはインデックスファンドに含まれる個別株式に対して、その時価総額に関わらず、同水準の加重、もしくは重要度の付与を行う方法です。

ETF運用会社ディレクション(Direxion)との関係は?

iBillionaireは、ディレクション・インベストメンツがETFの組成にiBillionaire Indexを使用することを認めています。